タグ検索:速度アップ , a-blogcms

ご利用中のCMSが、どの様な状態でサポート(※1)されているか気になる方も多いと思います。

弊社が利用している a-blog cms は、セマンティックバージョニングを採用しており、新しいマイナーバージョンがリリースされた後でも、一定期間は古いバージョンの不具合やセキュリティを修正したフィックスバージョンをリリースしています。

・a-blog cms サポートについて
https://www.a-blogcms.jp/support/

定期的にメンテナンスのご依頼をいただき、バージョンアップされているサイトは問題がない場合がほとんどですが、サイトを構築してから年数が経過してもメンテナンスをされていない場合は、サポート期限が終了している場合もありますのでご注意ください。
ただ、a-blog cms の素晴らしいところは、期限が切れてしまった場合も、サポート対象バージョンまでバージョンアップする事で、再びサポートを受ける事が可能になります。

そこで、気になる現在のサポート期限を久しぶりに調べてみました、、、

サポート状態(2022/06/25現在)

下記の表から、現在のサポート状態がご確認いただけます。
・フィックスバージョンのリリース:Ver.2.8以上のバージョンから対応
・PHP 7.4対応については Ver. 2.11.15 以降のバージョンになります。
・不具合修正:マイナーバージョンリリース日から2年間
・Ver. 2.11 の不具合修正期間は例外的に延長されています。(Ver. 3.0 のリリース期間が空いてしまったため)
・セキュリティ修正:マイナーバージョンリリース日から5年間



バージョン 最終バージョン マイナーバージョン
リリース日
不具合修正
(期限日)
セキュリティ修正
(期限日)
1.7 1.7.0 2013/06/24 - -
2.0 2.0.1.1 2013/12/18 - -
2.1 2.1.1.4 2014/06/23 - -
2.5 2.5.1.3 2015/04/23 - -
2.6 2.6.1.4 2015/12/25 - -
2.7 2.7.34 2017/03/30 - -
2.8 セキュリティ修正のみ 2018/03/26  2020/03/26  2023/03/26 
2.9 セキュリティ修正のみ 2018/10/09 2020/10/09 2023/10/09
2.10 セキュリティ修正のみ 2019/02/28 2021/02/28 2024/02/28
2.11 メンテナンス中 2019/12/17 2021/12/17
2022/12/17
2024/12/17
3.0 メンテナンス中 2021/12/24 2023/12/24 2026/12/24

各バージョンこの様な状態になっています。
Ver.2.11 から Ver.3 リリースまでの期間が空いた事で、Ver. 2.11の不具合修正の期間が例外的に延長されましたが、それでも 2022/12/17 までになりますので、今後は Ver. 3.0 へバージョンアップされることを強くお勧めいたします。

また、残念ながらver2.7以前の方も、セマンティックバージョニング導入前となりますので、すでにサポートは切れております。もし現在ご利用中の a-blog cms のバージョンが古い場合は、ぜひバージョンアップされる事をご検討ください。サポート状態はもちろんですが、機能やパフォーマンス・セキュリティなどでも大きく差が出ますので、必ずメリットがあります。

また、もしサイトの見た目がそのままでも、バージョンアップだけすることも可能ですから、バージョンアップはしておいた方が絶対良いです。バージョンが古い方は、ぜひバージョンアップして安心・快適にご利用いただければと思います。

a-blog cms をご利用中の方で、何か心配な点やご不明な点がございましたら、ぜひお気軽に弊社までお声がけください!

※1:この場合のサポートとは、a-blog cms のフィックスバージョンのプログラムが提供されることを意味しております。技術的なサポートではございませんので、あらかじめご了承ください。


a-blog cmsはプロフェッショナル版以上のライセンスで、cmsから静的サイト運用に必要なファイルを丸ごと書き出しする「静的書き出し」機能を利用することが出来ます。

・a-blog cms オフィシャルサイト サイトを静的書き出しする
https://developer.a-blogcms.jp/document/operation/entry-2856.html

この静的書き出しは、基本的なa-blog cmsの運用方法(サーバでcmsのプログラムが動作している状態)とは違い、htmlなどを静的なファイルとして書き出すため、セキュリティ向上、高速な表示、負荷軽減など大きなメリットがあります。しかしその反面、更新をする際に「cmsを更新→静的書き出し→テストサーバで確認→本サーバへアップロード」の様に、サイト更新時の手順が増えます。

いくつかコツがあるので、事前に静的書き出しの仕様をよく把握することが大切となります。思い通りに書き出されているかを確認する為に、cmsを設置するサーバ、書き出したファイルを確認するテストサーバ、公開用の本サーバの3つの環境が必要となります。

また、ブログ単位で書き出される仕様のため、更新頻度やコンテンツのボリュームを考慮して、どの様にブログ構成を立てるかが大切になります。サーバのスペックにより一度に書き出しが出来るエントリー数にも限界がありますので、あまりに多い場合は、ブログを分けたり、jsで処理するなど配慮する必要があります。

作り手としてはサーバでシステムが動いていた方が構築も運用も楽ですが、世の中で不正アクセス、サイトへの攻撃などの被害が増えている現状も考えると、今後小規模webサイトでも静的書き出しがサイト構築の方法として重要になってくるとは思います。この点、a-blog cmsでは静的書き出しが標準機能として設けられていますので非常に心強いです。

サーバによっては環境をうまく使い分けることで、静的書き出しから本番アップまでの流れを半自動化出来るものがあるかもしれません。このあたりは今後模索していきたいところです。


弊社で利用しているa-blog cmsが、昨年末にver3にメジャーバージョンアップされてから約半年が経過しました。

今この記事を書いている時点(2022/5/20)でver3.0.10までリリースされています。
すでにこの半年でも改善・バグフィックスが行われており、より良いものへと進化している様です。

・a-blog cms Ver. 3リリース
https://developer.a-blogcms.jp/blog/changelog/release300.html

弊社でもすでに利用していますが、今回のバージョンアップでも沢山の新機能がありますので、ご利用いただくお客様には多くのメリットを感じていただけるのではと思っています。

特に以前のバージョンと比較し高速に動作することや、システムの設置に必要だった「ioncube loder」が不要になったこと、また待望のエントリー単位でのインポート・エクスポート機能など、嬉しい機能がたくさん盛り込まれています。

ぜひ、この機会に新しくなったa-blog cms ver3にバージョンアップして、サイトをより良くしてはいかがでしょうか。
バージョンアップの際には同時に高速な最新型のサーバに移設もされると、より高速な動作が体感できますので、合わせてご検討いただけると良いと思います。

a-blog cmsの導入やWebサイトの構築について、何かお困りでしたらぜひお気軽にご相談ください。


ご利用中のCMSが、どの様な状態でサポート(※1)されているか気になる方も多いと思います。
弊社が利用している a-blog cms は、セマンティックバージョニングを採用しており、新しいマイナーバージョンがリリースされた後でも、一定期間は古いバージョンの不具合やセキュリティを修正したフィックスバージョンをリリースしています。

・a-blog cms サポートについて
https://www.a-blogcms.jp/support/

定期的にメンテナンスのご依頼をいただき、バージョンアップされているサイトは問題がない場合がほとんどですが、サイトを構築してから年数が経過してもメンテナンスをされていない場合は、サポート期限が終了している場合もありますのでご注意ください。
ただ、a-blog cms の素晴らしいところは、期限が切れてしまった場合も、サポート対象バージョンまでバージョンアップする事で、再びサポートを受ける事が可能になります。

そこで、気になる現在のサポート期限ですが、、、

現在のサポート状態(2020/01/30)

下記の表から、現在のサポート状態がご確認いただけます。
・フィックスバージョンのリリース:Ver.2.8以上のバージョンから対応
・不具合修正:マイナーバージョンリリース日から2年間
・セキュリティ修正:マイナーバージョンリリース日から5年間



バージョン 最終バージョン マイナーバージョン
リリース日
不具合修正
(期限日)
セキュリティ修正
(期限日)
1.7 1.7.0 2013/06/24 - -
2.0 2.0.1.1 2013/12/18 - -
2.1 2.1.1.4 2014/06/23 - -
2.5 2.5.1.3 2015/04/23 - -
2.6 2.6.1.4 2015/12/25 - -
2.7 2.7.34 2017/03/30 - -
2.8 メンテナンス中 2018/03/26  2020/03/26  2023/03/26 
2.9 メンテナンス中 2018/10/09 2020/10/09 2023/10/09
2.10 メンテナンス中 2019/02/28 2021/02/28 2024/02/28
2.11 メンテナンス中 2019/12/17 2021/12/17 2024/12/17

各バージョンこの様な状態になっています。
残念ながらver2.7以前は、セマンティックバージョニング導入前となりますので、すでにサポートは切れております。もし現在ご利用中の a-blog cms のバージョンが古い場合は、ぜひバージョンアップされる事をお勧めいたします。サポート状態はもちろんですが、機能やパフォーマンス・セキュリティなどでも大きく差が出ますので、必ずメリットがあります。

また、もしサイトの見た目がそのままでも、バージョンアップだけすることも可能ですから、バージョンアップはしておいた方が絶対良いです。バージョンが古い方は、ぜひバージョンアップして安心・快適にご利用いただければと思います。

a-blog cms をご利用中の方で、何か心配な点やご不明な点がございましたら、ぜひお気軽に弊社までお声がけください!

※1:この場合のサポートとは、a-blog cms のフィックスバージョンのプログラムが提供されることを意味しております。技術的なサポートではございませんので、あらかじめご了承ください。


昨年末になりますが、弊社で利用しているa-blog cmsの最新バージョン2.11がリリースされました。
弊社でもすでに利用していますが、今回のバージョンアップでも沢山の新機能がありますので、ご利用いただくお客様には多くのメリットを感じていただけるのではと思っています。また、新しいライセンス体系が設定されましたので、運用に合わせた導入方法の選択肢が広がりました。

・a-blog cms Ver. 2.11リリース
https://developer.a-blogcms.jp/blog/changelog/release211.html

詳細はオフィシャルサイトの情報をご覧いただくとして、個人的に嬉しいのはこの辺り。

・セキュリティの強化(ログイン操作ミスによるロック機能、二段階認証など)
・パフォーマンスの改善(モジュールのキャッシュ機能、lazy-load系など)
・新しいリッチエディターユニットの導入(PaperEditor)
・PDFのプレビュー機能
・エントリーの一括変更機能(既存エントリーを一括で修正可能になる)

えっと、新機能のほとんどですね。
でも、本当に素晴らしい機能が追加されたので、これから益々より良いサイト作りができると思います。特にセキュリティやパフォーマンスの向上は、現場で求められていますし、PaperEditorはユニットベースのa-blog cmsの自由度を高めてくれるものになると思います。

あとは、メンテナンスポリシーの明確化というのも嬉しい情報です。今後利用バージョンのリリース日から、バグ修正は2年間、セキュリティ修正は5年間となりました。このあたりも明確化されることで、お客様にもご理解いただきやすくなると思います。弊社のお客様でも、いまだに10年ほど前のバージョンをご利用中のお客様もみえます。この場合、バグだけでなくセキュリティに関しても対応できておりませんので、ぜひこの機会にバージョンアップをご検討いただけると幸いです。

ぜひ、自社サイトにお悩みをお持ちの皆様、
新しくなったa-blog cms ver2.11で、サイトをより良くしてみませんか?