ブログ

日々の出来事

先に前回のブログ「a-blog cmsにhtmx(jsライブラリ)を実装してみました【ver3.1.17対応版】」の続きになりますが、絞り込み中のタグをより分かりやすくするために、選択中のボタンに変化を加える処理を考えてみました。

自分でjsを作れば色々対応は出来ますが、a-blog cmsにはシステムに用意された「組み込みJS」という機能があります。こちらの機能はWebサイトを制作する上でよく使う機能があらかじめ用意されており、目的に合うものがあれば便利に使う事ができます。

a-blog cms Developers 組み込みJS

今回はそんな「組み込みJS」の中から、現在位置の状態を取得可能な「linkMatchLocation」を使ってみることにしました。

linkMatchLocationとは

表示中のページのURLとclassを付与した<a>の「href」を比較して、条件が合う場合に指定した別のclassを<a>に付与する事が出来る機能です。下記はテンプレートの記述例とその実行後の状態になります。条件に合うとclassに「指定した値(今回はstay)」が付与されます。

a-blog cms Developers 現在位置を装飾する

<!-- 例:ブラウザのアドレスが「https://www.ideasource.jp/blog/」の場合で付与するclassが「stay」の場合 -->
<!-- テンプレートの記述 -->
<a href="https://www.ideasource.jp/blog/" class="js-link_match_location">ブログ</a>

<!-- 実行後 -->
<a href="https://www.ideasource.jp/blog/" class="js-link_match_location stay">ブログ</a>

linkMatchLocationの種類

「linkMatchLocation」には複数種類があります。
値を含んでいる場合、完全一致する場合、ブログ、カテゴリー、エントリーが含まれている場合など、判定したい用途に合わせて設定します。



linkMatchLocationMark 現在表示しているページのURLが、アンカーリンクのリンク先URL中に含まれている場合に指定したclassを付与します
linkMatchLocationFullMark 現在表示しているページのURLと、アンカーリンクのリンク先URLが完全一致した場合にclassを付与します
linkMatchLocationBlogMark 現在表示しているブログのURLが、アンカーリンクのリンク先URL中に含まれている場合にclassを付与します
linkMatchLocationCategoryMark 現在表示しているカテゴリーのURLが、アンカーリンクのリンク先URL中に含まれている場合にclassを付与します
linkMatchLocationEntryMark 現在表示しているエントリーのURLが、アンカーリンクのリンク先URL中に含まれている場合にclassを付与します

今回は「linkMatchLocationMark(.js-link_match_location)」を利用して実装


linkMatchLocationでタグの絞り込みをわかりやすく実装

「主要なキーワード(tag)」で絞り込んだ際に、ボタンの<a>にclassで「stay」を付与し、cssで色を変えています。
「linkMatchLocationMark」はURLを含む値で判定できますので、ページャーなどで次ページに移った際にも判定出来ますので、ボタンの「stay」の状態が切れることはありません。htmxでURLを変更した際にも「linkMatchLocation」は問題なく動作しますので、htmxのSPA的な動きと組み合わせると色々なところで応用が効きそうです。

・実装したページはこちら(弊社の制作事例ページ

最後に

今回はa-blog cmsの「組み込みJS」とhtmxを使い、簡単に現在位置の反映ができました。この様にa-blog cmsはhtmxとの連携にも強く、a-blog cmsに元々備わっている「組み込みJS」を使った場合にも、効率的に動作させる事が出来ます。a-blog cms ver3.1.17でhtmxの利用が従来より簡単になり、セキュリティ面も強化されましたので、さらに安心して利用する事が出来る様になりました。htmxはUXの改善にも使いやすいので非常に嬉しいです。

ということで、今回はa-blog cmsとhtmxで「組み込みJS」を使ってみました。
またa-blog cmsとhtmxにつきましては、随時レポートしていこうと思います。

弊社がなぜa-blog cmsを愛用しているのか、a-blog cmsの特徴やメリットとは。
a-blog cmsをお勧めする理由につきましてはこちらのページをご覧ください。
a-blog cmsをお勧めする理由


先日a-blog cms + htmxの勉強会で学んだことを忘れない様に、早速チャレンジしてみました。
当サイトで便利に活用できそうな場所ということで、「制作事例」一覧ページを制作事例のタグを使って絞り込みをします。
htmxって何?という方は、先に前回のブログ「a-blog cmsとhtmx(jsライブラリ)は非常に相性が良い」をご覧ください。

2024/6/14追記:a-blog cms ver 3.1.17からhtmxとの親和性がより高くなり「hx-ext="ajax-header"」の表記が不要となりました。
また、htmx利用時のセキュリティも向上しておりますので、詳しくは下記の説明に追記した【a-blog cms ver3.1.17より変更】の箇所をご確認ください。

a-blog cmsへのhtmx実装方法



今回はすでに制作事例のエントリーに付いているタグを利用して、「主要キーワードでの絞り込み」というものを作ることにしました。
ただ、あまり細かなタグを並べても数が多すぎるので、ページ上部は主要なものだけにして、細かいタグは各事例の部分で絞り込める様になっています。

※こちらではhtmxの細かな設定についてというより、htmxをa-blog cmsに実装する方法をご紹介しておりますので、htmx自体について知りたい方は htmx の公式ページをご確認ください。

a-blog cmsの設定確認と用意するもの

config.system.yamlの設定を確認

#a-blog cms ver3.1.6以前の場合
forbid_tpl_url_context: off
html_format_validate: off

こちらの2つの設定が「off」になっていないと、htmxを利用することは出来ませんので、まず最初に確認してください。

【a-blog cms ver3.1.17より変更】
a-blog cms ver3.1.17からa-blog cmsの機能が向上しており、下記の設定で動作可能です。また新たな設定も追加されておりますので、従来よりセキュアな環境でご利用いただけるようになっております。

#a-blog cms ver3.1.7以降の場合
forbid_tpl_url_context: on #on / off どちらでも可
html_format_validate: on #on / off どちらでも可
ajax_security_level: 2 #ajaxリクエストのセキュリティレベルを設定します。(0: チェックなし 1: RefererとHttpヘッダーを確認 2: CSRFトークン確認)

a-blog cms ver3.1.17以降はこちらの2つの設定が「on」「off」のどちらでもhtmxをご利用可能です。
「ajax_security_level」はa-blog cms ver3.1.17より追加された設定です。こちらはお好みで設定してください。

【重要】「ajax_security_level:2」に設定する場合は、htmlの要素に「check-csrf-token」の記述が必要となります。class名などでどこかに追加をしてください。「check-csrf-token」の文字列があるとa-blog cmsがCSRFトークンを発行します。(例:<body class="check-csrf-token">)

jsライブラリとa-blog cms用の記述を設定

次にhtmxのjsライブラリとa-blog cmsに必要な記述を設定します。
記述は<head>内で大丈夫です。htmxのファイルは公式サイトからDLしてください。

・htmx https://htmx.org/
・htmx ajax header https://htmx.org/extensions/ajax-header/ (a-blog cms ver3.1.17以降は不要)

<!-- htmx -->
<script src="/js/htmx.min.js"></script>
<script src="/js/ajax-header.js"></script> <!-- a-blog cms ver3.1.17以降の場合は不要 -->

<!-- a-blog cms で htmx を動かすおまじない -->
<script>
    addEventListener('htmx:beforeHistoryUpdate', function (event) {
        const proposedUrl = event.detail.history.path;
        const customUrl = proposedUrl.replace(/tpl\/include\/htmx\/.*\.html/, '');
        event.detail.history.path = customUrl;
    });

    addEventListener('htmx:afterSwap', function (event) {
        ACMS.Dispatch(event.target);
    });

    //a-blog cms ver3.1.17より追加
    document.addEventListener("htmx:configRequest", function(event) {
        const csrfToken = document.querySelector('meta[name="csrf-token"]').content;
        event.detail.headers['X-CSRF-Token'] = csrfToken;
    });
</script>

「addEventListener」の「htmx:beforeHistoryUpdate」は、htmxでテンプレートを適用する際に「/tpl/include/htmx/xxxxx.html」の様なパスが付いてしまう場合に、リプレイスして削除処理するためのものです。こちらはファイルの置き場所によってパスを変更します。
「addEventListener」の「htmx:afterSwap」はhtmxのswap後に、a-blog cmsのjsを実行する際に必要な記述の様です。

【a-blog cms ver3.1.17より変更】
「htmx ajax header」の読み込みは不要となりました。また、「htmx:configRequest」はver3.1.17で新たに追加された機能です。a-blog cms ver3.1.17以上で利用する場合に必要な記述になります。


これで準備はOKです。あとはテンプレートに記述するだけ。今回のケースでは下記テンプレートを用意しました。

htmx用のテンプレートを用意します

a-blog cmsテンプレートのインクルードの記述

a-blog cmsのテンプレートは1度の処理で動きますが、htmxでは複数箇所動かす場合があるため「multi_swap」の値で制御しているそうです。@includeでその為の値を渡してテンプレートを読み込んでいます。

@include("/include/htmx/work_htmx.html",{"multi_swap": "off"})

<a>がリクエスト側の記述 / <div id="work_htmxfield">がレスポンス側の記述

<a>をクリックしたら#work_htmxfield(親のwrapper)を「/include/htmx/work_htmx.html」で置き換えています。(自分自身を置き換え)
こちらのサンプルでは絞り込みは「Web制作」だけになっています。
先ほどの「multi_swap」は<title>のところを制御しています。(値がoffではない時のみ表示)

【a-blog cms 3.1.17より変更】
下記ソースにも追記しましたが、a-blog cms ver3.1.17以降は「hx-ext="ajax-header"」の記述は不要となりました。
a-blog cms ver3.1.17以降でご利用の場合は「hx-ext="ajax-header"」の記述を削除してください。

<div id="work_htmxfield">
  <!-- htmx で絞り込み  -->
  <!-- 注:a-blog cms ver3.1.17以降は hx-ext="ajax-header"の記述は不要です  -->
  <a href="/service/creative_work/tag/Web制作/" hx-get="/service/creative_work/tag/Web制作/tpl/include/htmx/work_htmx.html" hx-trigger="click" hx-target="#work_htmxfield" hx-swap="outerHTML" hx-ext="ajax-header" hx-push-url="/service/creative_work/tag/Web制作/">【Web制作】</a>

  <!-- ここに Entry_Summary などのモジュールで置き換えたい事例リストを掲載 -->

  <!-- 選択したタグを含めた結果で <title> を置き換え -->
  <!-- BEGIN_IF [{{multi_swap}}/neq/off] -->
    <!-- BEGIN_MODULE Ogp --><title>{title}</title><!-- END_MODULE Ogp -->
  <!-- END_IF -->
</div>

一応簡単に説明すると、ポイントとしては下記の様な感じです。
・href:本来遷移するURL
・hx-trigger:発火条件/clickは要素をクリック
・hx-target:置き換え対象/#work_htmxfield
・hx-swap:置き換え方法/outerHTMLは指定要素ごと置き換えます。
・hx-get:a-blog cmsのURLコンテキストが通るhtmxテンプレートも含めたパス
・hx-push-url:ブラザウのURL欄に表示したいパス

「hx-get」はa-blog cmsのURLコンテキストが通る「/tpl/」も含めたhtmxテンプレートへのパスになる為、冒頭でご紹介したjsで「/tpl」以降のパスを削除して表示しています。(検索botなどから無駄なURLへのクロール・キャッシュを防ぐ目的があるそうです)

また、Entry_SummaryなどのモジュールID(今回でいうところの制作事例の一覧)は、tagで絞り込める様にモジュールを設定しておく必要があります。<title>部分は、絞り込んだ状態のタイトル情報で上書きしています。こちらはhtmxの機能で、<title>タグの書き換えができます。

少しお断りを入れると、今回実装した実際のコードは「hx-」を「data-hx-」にしています。こちらはhtmlのバリデーターの問題を避けるためで、海外の情報を参考にしました。公式ではございませんのでこちらでは「data-」は省いております。

ページャーの設定

エントリー数が多くなると、一覧表示時に一度に表示することが困難になってきますので、ページャーにも対応してみました。
PCとスマホとの両立を考えると、「続きを見る」としてその場でロードし追加表示する実装も良いと思いますが、再度アクセスした際に初期状態に戻ってしまうことを考えると、今回はページャーを実装しページを分けてヒストリーバックが機能する様にしてみました。

【a-blog cms 3.1.17より変更】
下記ソースにも追記しましたが、a-blog cms ver3.1.17以降は「hx-ext="ajax-header"」の記述は不要となりました。
a-blog cms ver3.1.17以降でご利用の場合は「hx-ext="ajax-header"」の記述を削除してください。

<!-- BEGIN pager:veil -->
<!-- ページ送り 開始▼▼ -->
<!-- 注:a-blog cms ver3.1.17以降は hx-ext="ajax-headerの記述は不要です"  -->
<nav id="work_tagsearch_htmx_pager">
	<ul class="pagination">
		<!-- BEGIN backLink --><li class="serial-nav-item serial-nav-item-prev"><!-- BEGIN prevPage --><a href="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{backPage}/#work_tagsearch_htmx" hx-get="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{backPage}/tpl/include/htmx/work_htmx.html" hx-trigger="click" hx-target="#work_htmxfield" hx-swap="outerHTML" hx-ext="ajax-header" hx-push-url="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{backPage}/" aria-label="前へ" class="scrollTo"><span aria-hidden="true">&laquo;</span></a></li><!-- END backLink -->

		<!-- BEGIN firstPage:veil --><li {pageCurAttr}[raw]><span><a href="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->#work_tagsearch_htmx" hx-get="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->tpl/include/htmx/work_htmx.html" hx-trigger="click" hx-target="#work_htmxfield" hx-swap="outerHTML" hx-ext="ajax-header" hx-push-url="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->" class="scrollTo">{firstPage}</a></span></li><li class="peger_pipe"></li><!-- END firstPage:veil -->

		<!-- BEGIN page:loop --><li {pageCurAttr}[raw]><span><!-- BEGIN link#front --><!-- END link#front --><a href="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{page}/#work_tagsearch_htmx" hx-get="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{page}/tpl/include/htmx/work_htmx.html" hx-trigger="click" hx-target="#work_htmxfield" hx-swap="outerHTML" hx-ext="ajax-header" hx-push-url="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{page}/" class="scrollTo">{page}</a><!-- BEGIN link#rear --><!-- END link#rear --><!-- BEGIN glue --><!-- END glue --></span></li><!-- END page:loop -->

		<!-- BEGIN lastPage:veil --><li class="peger_pipe"></li><li {pageCurAttr}[raw]><span><a href="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{lastPage}/#work_tagsearch_htmx" hx-get="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{lastPage}/tpl/include/htmx/work_htmx.html" hx-trigger="click" hx-target="#work_htmxfield" hx-swap="outerHTML" hx-ext="ajax-header" hx-push-url="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{lastPage}/" class="scrollTo">{lastPage}</a></span></li><!-- END lastPage:veil -->

		<!-- BEGIN forwardLink --><li><a href="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{forwardPage}/#work_tagsearch_htmx" hx-get="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{forwardPage}/tpl/include/htmx/work_htmx.html" hx-trigger="click" hx-target="#work_htmxfield" hx-swap="outerHTML" hx-ext="ajax-header" hx-push-url="/service/creative_work/<!-- BEGIN_IF [%{TAG}/nem] -->tag/%{TAG}/<!-- END_IF -->page/{forwardPage}/" aria-label="次へ" class="scrollTo"><span aria-hidden="true">&raquo;</span></a></li><!-- END forwardLink -->
	</ul>
</nav>
<!-- ページ送り 終了▲▲ -->
<!-- END pager:veil -->

上記のポイントとしては、Entry_Summaryの通常のページャーを使っています。
簡易ページャーでは前後のURLの変数が、ページ番号を含めひとまとめになっていることで、htmxの記述を適用することが難しかったため、表示ページのページ番号だけで取得可能なページャーがおすすめです。もし簡易ページャーで実装する場合は、何かしら現在ページの/page/の値を取得する方法を考えなくてはいけないと思います。

また、上記のページャー自体の機能で/page/の値の有無は判断できますが、/tag/の有無は判定できないため、グローバル変数%{TAG}で表示ページのタグの有無を調べ、タグがある場合だけIFブロックで「href」「hx-get」「hx-push-url」にタグに関連する内容を出力しています。

注意ポイント

「hx-push-url」でアドレスを変更したので、その変更したアドレスでダイレクトにアクセスされた際にも、同様のページが表示できるかは確認をしてください。今回はタグ・ページャーともに絡んだ実装になるため気を使いましたが、別タブでリンクを開く人も多いので重要だと思います。逆に「hx-push-url」を使わない実装の場合は、アクセスしたページのみで機能するので手軽に対応できると思います。

実際に実装してみて

正直「こんなに簡単にできるとは!!!」という感じです。
すごく手軽に実装できるので、積極的に取り入れても良いのではないでしょうか。
UXの向上はSEOにも効果があるということですしね。とても良いものを教えていただきました。

最後に

弊社がなぜa-blog cmsを愛用しているのか、a-blog cmsの特徴やメリットとは。
a-blog cmsをお勧めする理由につきましてはこちらのページをご覧ください。
a-blog cmsをお勧めする理由


2024/6/11に名駅のコワーキングスペース ベースキャンプ名古屋で開催された「a-blog cms 勉強会 in 名古屋 2024/06」に参加してきました。
a-blog cms勉強会は毎月定期的に開催されており、普段からa-blog cmsをヘビーユースされているビジネスパートナーの方や、まだ始めたばかりの初心者の方、そしてa-blog cms開発会社のアップルップル社の皆さんなど、多くの参加者で一緒にa-blog cmsを学んでいます。a-blog cms周りの話題はもちろん、最近のWebのトレンドなどのお話も出ますのでいつも大変勉強になっております。

a-blog cms Ver. 3.1.17 リリースのお知らせ

まず最初の話題としましては、新しくリリースされた3.1.17のリリース情報のお知らせがありました。
詳細は「a-blog cms公式サイトのデベロッパー情報」をご確認いただければわかりますが、新機能と変更点のあった項目の中から、時に個人的に嬉しかったポイントをピックアップしてご紹介します。

新機能

  • CMS-6808 メディア作成・更新時のHookを新しく追加(saveMedia)
  • CMS-6814 エントリーの複製時にカスタムフィールド、カスタムユニット、ユニットに保存されたファイル名をランダムにするかをカスタマイズするオプション(entry_duplicate_random_filename)を config.system.yaml に追加
  • CMS-6827 子ブログを含んだ初期インストールが出来る仕組みを用意
  • CMS-6824 Google検索に対してサイト名を指定するWebSite構造化データを追加
  • CMS-6842 インストーラーでデータベースの照合順序を選択できるように修正

変更点

  • CMS-6804 CMSで作成するファイル・ディレクトリのパーミッション設定をconfig.server.phpで設定するように変更
  • CMS-6840 Ajaxによる部分テンプレートアクセスにCSRFトークンによる認証を追加し、許可するtpl指定(allow_tpl_path)を個別指定しなくてもいいように改修 & Ajaxリクエストのセキュリティレベルオプションを用意(ajax_security_level)

個人的に嬉しかった推しのポイント

「CMS-6824」はGoogle検索結果での表記の指定に関わりますので、日頃からSEOを気にされている方には嬉しい機能になると思います。
また、「CMS-6842」は絵文字を使う際に指定する「utf8mb4」がインストール時から選べる様になったことで、後からデータベースを変更する手間が減るためとても便利になりそうです。

実は個人的に一番嬉しかったのが変更点「CMS-6840」です。先日こちらのブログ(a-blog cmsにhtmx(jsライブラリ)を実装してみました)でも紹介しましたが、今回こちらの仕様変更により、今まで以上にセキュアで簡単にhtmxの実装が可能になりました。htmxにはとても可能性を感じておりますので、a-blog cms + htmxが使いやすくなることは非常に嬉しいです。

勉強会に参加された皆さんの質問・疑問にお答えするコーナー

リリース情報の後は、勉強会に参加された皆さんが持ち寄った質疑応答のコーナーでした。
普段作業されているなかで解決ができなかったことや、作業の進め方の意見交換など、実際に作業をされている方々だからこそ抱えているお悩みなどを意見交換しながら解決していきました。

僕は利用歴が長いので知っている事もありましたが、長く使っていてもまだまだ知らない事や、使う機会がなくて忘れていた機能もあり勉強になりました。特に普段触ることの少ないプロフェッショナルライセンスの機能などは、こういった機会がないと画面をみながら情報交換することは難しく感じていますので、とても有意義な時間でした。

最後に

今回もとても勉強になり、有意義な時間でした。
参加された皆さま、そしてアップルップルの皆さま、本当にありがとうございました。

冒頭にもお話ししましたが、a-blog cmsの勉強会は定期的に開催されております。
特に名古屋にはa-blog cmsの開発会社であるアップルップルさんがありますので、実際に集まり開発されているスタッフの皆さんやビジネスパートナー・ユーザーの皆さんと、対面でお話をしながら勉強が出来ます。普段抱えている悩み等や疑問も相談する事ができますし、こんな機能があったら嬉しいなどもお話しできます。名古屋まで参加ができない方に向けに、他のエリアでも勉強会が開催されておりますし、オンラインでも開催されております。

a-blog cmsは大変素晴らしいサポート体制が整っておりますが、これはアップルップルの皆さんの運営なくしてありえないので、とてもとても感謝しております。(ここ大事なところ!)

a-blog cmsの利用を予定されている方や、これから勉強されたい方など、a-blog cms勉強会に参加されてみてはいかがでしょうか?ぜひ国産のcmsの良さを体験してみてくださいね。これからもa-blog cmsが今まで以上に盛り上がっていくと嬉しいので、興味がある方は一緒に勉強しましょう。

【a-blog cms勉強会の詳細はこちらから】
a-blog cms イベントスケジュール
名駅のコワーキングスペース ベースキャンプ名古屋


数ヶ月前からSEOで「Web制作 名古屋」で上げてみようと思い色々やりまして、やはり少し時間は掛かりましたが、こちらの1つのエントリー(名古屋の制作会社として15年になります)で今朝(2024/6/9現在)で13位くらいまで上がってきました。10位以内には入れたいなと思いますが、「Web制作 名古屋」はボリュームのあるキーワードなので現状でも結構うれしいです。

「Web制作 名古屋」で検索順位を改善する為におこなった対策

何をやったかですけど、地味な作業ですが「Lighthouse」を使ったCore Web Bitalsの改善、サイト内の表記などの見直し、そしてブログエントリーを計画的に書く、Seach Consoleを見て細かく調整や改善、そして最後にサイト監査ツールを導入して各所チェックし、現状把握と見直しできるところを随時潰していった感じです。

「ホームページ」などの表記は「Webサイト」に統一し、表記の揺らぎを無くしています。この場合「ホームページ制作 名古屋」で検索順位が下がるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、現在「ホームページ制作 名古屋」では28位くらいにいますので、同じ意味のキーワードであればGoogleがある程度判断して順位に反映している思われます。

ただ、Core Web Bitals は一度改善しましたが、このエントリーを書く前に、先日トップに動画を入れたので今の数値は下がりました。これが検索結果にどう出るかはまだこれからなので、こちらは注意してみていく予定です。
あと改善すれば数値は良くなりますが、これってどうなの?という部分はあえて対策していない箇所もあります。(Core Web Bitalsの結果は重視したいが、色々表現出来ないと面白くないので…)

サイト内でのキーワード表記の考え方

サイト内のキーワード表記に関しては基本的にはGoogleを信じて、不誠実はことはしていません。表記はしっかりと狙ったものにして、必要であればそのワードに添った内容をその都度書いています。
Googleは検索ユーザーの検索クエリ(問い)に対して検索結果から最適なページ(答え)を提供したいだけなので、問いを想定して答えのページを用意します。その問いが検索上位に上げたいキーワードであれば良いので、あとはその答えのパターンを増やしていけば良いと思います。

目的のキーワードに対してエントリーを書けば、自然にそのキーワードの周囲にあるサジェスト的な内容のキーワードも文章に含まれてきます。重要な内容に対してはきちんと見出しを設定して、その項目に対して詳しく書く配慮はしています。

文章が不自然になる様なことはしていません。
「検索ユーザーが好まないエントリーはGoogleも嫌うでしょう」という判断です。

サイト監査ツールの導入

サイト監査ツールは1ヶ月ほど前に導入しましたが、これがサイトの状態を知るには結構便利です。もし弊社のお客様が導入されたい場合は有料ですがご提案もできます。(監査ツールにはまだ数枠空きがあるので先着になります)
特に外部施策としてリンク貼ったりなど何かあるわけではないので、このツールは導入するだけでは効果はないのですが、指標になりますのでかなり役に立ちます。

導入される場合は弊社からのレポートだけになります。管理ページは提供できませんのでご了承ください。
ただ、直接ツールをご購入いただければ管理ページも提供されますので、本格的にご利用される場合は、高価になりますがツールをご購入された方が良いかもしれません。

※弊社が何のツールを導入しているかはここでは触れません。ご了承ください。

競合サイト調査の必要性

上記の監査ツールを導入すると競合サイトの調査なども可能です。
競合調査をすると上位サイトはかなりのページ量のコラムやブログを持っていることが多く、それはサイトをパッとみただけでは分からない場合が多いです。「なぜ上位サイトに勝てないのか」を紐解き、実際の競合サイトの規模を知ると「ああ…だから上位なのか」となることも多いです。

ただ競合サイト調査から競合サイトの流入ページや流入キーワードがわかりますので、そちらを参考にしてより充実したエントリーを作り、さらなる上位を目指すなどもできると思います。逆に競合サイト調査をしないと分からないことも多いと思います。

最後に

現状上位に上がっているのは、1つのブログエントリーですが、こういう上位に食い込むエントリーが複数作れる様になると、後々ドメインとしてこのキーワードに強くなりますので、内部リンクの貼り方でトップページを上位にすることもできると思います。

SEOは基本的に「ちゃんとサイト運営していれば気にしなくていい派」でしたが、狙って運営すれば効果が出ますので、今では「目的を持って計画的に運営すれば気にしなくていい派」になりました。日本規模で争う様な超ビッグワードだとそんな簡単ではないんでしょうけど、地域性を含むならキーワードでしたら、ある程度は上位に上げることも可能だと思います。

SEOには専門的なWebマーケティングやSEOの会社がありますので、Webに関わる会社も今は細分化されております。ただWeb制作会社にも出来ることは沢山ありますので、ぜひSEOにお困りの方は、まずはWebサイトを制作されている制作会社さんに相談されてみてはいかがでしょうか。


a-blog cmsなどのCMSを導入する際に必要となるMySQL(データベース)ですが、この度XSERVERで利用可能なMySQLユーザー数が「無制限」に緩和されたようです。

弊社が導入しているa-blog cmsの運用には、1つのシステムにつき1ユーザーで運用できますので、基本的には従来の数で問題はありませんでしたが、今回無制限に緩和されたことで、もしユーザー数が必要な場合にもXSERVERで対応可能となりました。

実施日時

2024年6月7日(金)

変更内容

各プランにおいて、MySQLのユーザー数が「無制限」に緩和されます。

・スタンダードプラン:50個→「無制限」
・プレミアムプラン :70個→「無制限」
・ビジネスプラン  :70個→「無制限」

最後に

XSERVERは弊社で取り扱いの多いサーバですが、機能追加や機能性の向上など、積極的にサービスの改善がおこなわれている印象があります。今回の様に使いやすい方向へと仕様変更されると大変助かります。

XSERVERは通信速度も高速で安定しており、コストパフォーマンスが高いサービスになりますので、弊社としても非常におすすめのホスティングサービスとなります。費用対効果の高い安全で高速なサーバをお探しの方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。