スローなブログ

勉強会での収穫

定期的にa-blog cmsの勉強会に参加しています。そこではa-blog cms自体の事はもちろん、a-blog cmsと併用して効果があるものや最近のトレンド話など、色々な話題があがります。そんなa-blog cmsの勉強会ですが、昨日参加した中で興味深いものがあったので、自分でも触ってみることにしました。

Mautic(https://mautic.com/)というサービスで、マーケティングオートメーション(MA)ツールのひとつです。無料でお試しできるのと日本語化されているので、取っ掛かりとしては導入しやすいんのではないかなと思います。

このようなツールを使って何ができるかというと、サイトへ訪れたユーザーを特定したり、ユーザーの行動から特定のアクションを起こしたり、シナリオを設定することで、対応をある程度自動化することができます。例えば「メールマガジンを送り、メールを開封して特定のページを見たら+5ポイント、特定のページを見た人がさらに問い合わせをしたら+10ポイント、逆にメールを開封すらしなかったら-5ポイント、そして○日後に再度メールを送る」なんて事を設定することができます。ポイントが多ければ、それだけ優良な見込み客と判断できますから、このデータを元に次の策を練る…なんて事もできるデータになったりします。


ということで、早速無料版でアカウントを開設。初期は英語ですので、まずはタイムゾーンを「Tokyo」に言語を「Japanese」に変えてみました。その他は何も設定していないので、デフォルト状態です。

個人的にこういったツールを使うという事は、自動化目的というよりは「営業に活かせるデータが取れる」という事なのかなと思ったりします。実際にリアルなお仕事の中では、自動で色々済ませてしまうより、電話して直接会って話してという、コミュニケーションも大切だと思うので、うまく役割分担できれば活用できるのかなと思います。

といいつつも、他のMAツールを使った経験もないですし、お仕事として請け負った事もありませんので手探り状態です。ただ「こんな情報が知りたかったんだよ」という方も多いと思うので、もし一緒に勉強しながらでもやってみたいという、弊社のお客様がいらっしゃればトライしてみたいと思っています。

この取り組みは来年からになると思いますし、トライといっても費用はかかりますけど、サイトへの導入は簡単ですし、得られる情報はお客様が営業に使えるものになると思うので、チャレンジし甲斐はあると思います。もし宜しければお声がけください。


検索順位が上がってきました

少し前から狙っていた「デザイン制作 名古屋」でGoogleの順位が2位になりました。タイミングによっては1位の時もありますが、閲覧地域によって変わるところもあるので、一応目安という感じではございます。(検索順位は記事作成時のもので、検索条件により変動している場合がございます)

実は先日お客様のサイトを検索エンジン対策(SEO対策)する機会がありました。SEOに対する自分の考えの検証の意味も込めて、同時期に当サイトもいじっていたのですが、その結果が出てきた様に思えます。

僕はSEO対策目的だけの施策が嫌いなので、SEOのトレンドに振り回されない対策を考えながら進めました。役にたったのはGoogle analyticsとSearch consoleですが、サイトに実際の対応をすることを考えると、a-blog cmsの柔軟性とカスタマイズのしやすさには大変助けられました。

途中経過としての報告ですが、頑張れば結果が出るんだねといった感じです。弊社がお作りしたa-blog cmsのサイトで、この様な対策に興味がある方はぜひご相談ください。ちなみに他社で作ったサイトは対応できないのでごめんなさい。その時はリニューアルも含めてご依頼ください。


JUNOSONさんの絵

アイデアソースの年賀イラストをお願いしている、JUNOSONさんの個展で絵を購入しました。
いつかは欲しいなと思いつつ、今まで実物を見て購入する機会がなかったのですが、先月名古屋で個展が開催され希望のものを手に入れる事ができました。

個展のコンセプトは「BESIDE」という事で、そばに置いておきたくなるもの・そばにあって違和感がないものという、今までとは少し違ったテイストの様です。この一歩引いてる感じを、僕はアートに感じて「攻めてるな〜」と思ったのですが、本人に聞いたらそこは攻めてないらしいです。違ったか…笑。

にしても、とてもオシャレで気に入りました。僕は普段はそんなに絵を買う方ではないですが、これは会社に飾って来た人に自慢しようと思います。いいでしょ。


サイト全体のSSL化をa-blog cmsで実現する

a-blog cmsで構築されたお客様のサイトを、より良いものにする為のひとつの施策として、サイトをフルSSL化する作業を承りました。

通常SSL化する為には、リンクの遷移や読み込むファイル、最近ではSNS系のAPIなどを全てhttps経由に変更する必要があります。この作業はアナログに行うと非常に手間ですが、非httpsのデータが混在することでセキュアな状態が壊れますから必須の作業になります。

a-blog cmsの最新バージョンではconfig.server.phpの「FULLTIME_SSL_ENABLE」という設定を使うことで、システム全体をhttps対応に切り替えることができます。「http://〜」とフルパスで書いてある箇所は修正する必要がありますが、それでもサイト全体を見直すことを考えると、非常に効率よく作業を行うことができました。

たしか7,8年前に雑談の中で「いずれサイトはフルSSL化するんじゃない?」と話した時は、周りの人に「いやいや、トラフィックとか考えると無理でしょ」とか言われました。でも数年経てばそんな時代になるんですね。あの時の考えは間違いなかったという事かな。

SSL化はSEOにも効果ありと言われていますが、やはり最大の効果は利用ユーザーの安全確保だと思います。導入コストはかかりますが、ユーザーの安全が確保されサイト運用の姿勢がユーザーに伝わり、その結果サイトの価値が上がれば良いことばかりですね。うちのサイトはまだSSLしていませんが「お客様にお勧めしておきながら…」となるので、そのうちやらないといけないかな。


検索順位と地域の影響

昨日Search Consoleのお話をちらっと書いたので、関連したお話を。Search Consoleには「検索アナリティクス」という項目で、利用されている検索キーワードを確認することができます。この情報はプレーンな情報で、PCや地域に依存しない結果になっていると思います。

気をつけなくてはいけないのが、個人のPCでランキング取得ツールを利用したり、実際の検索結果から順位を調べる場合です。例えばパーソナライズドを考慮してブラウザのシークレットモードを利用したとしても、地域の影響は取り除くことはできません。シークレットモードを使っても、地域により表示される順位にズレが出る場合があるのです。

うちの会社のIPは関東なので、名古屋のネットワークを利用した時は順位にズレが生じます。この様な仕組みを理解して対策を進めないと、勘違いをしたまま進んで行くことになったり、余計な予算を使うことにもなりかねません。これ結構要チェック項目だと思います。

例えば、出張先で順位を調べて「やばい順位が下がってる!」と思う人もいるかもしれないし、「うちはいつも1位だもんね」と思っている人もいるかもしれません。でも他の地域やPCでみたら全然違う順位だったということもありえるので、気になる方は一度調べてみると良いかもしれません。

では一番影響されていないプレーンな情報は?となると、やはりSearch Consoleになります。このSearch Consoleと、あえて地域に影響を受けたシークレットモードを、双方理解して使い分ければ、基準となるデータが準備できるのでは無いかなと思います。


pagetop